DAZN(ダ・ゾーン)のライブが遅れる時はネット環境を改善しよう!

投稿日:2019年10月28日 更新日:

 

DAZN(ダ・ゾーン)はスポーツ専門の動画配信サービスです。

非常に豊富なジャンルを配信していて、その豊富なジャンルやコンテンツは他のスポーツ視聴サービスと圧倒的な差があり、スポーツ視聴に関しては間違いなくNo.1と言えます。

そんなDAZNですが、動画を視聴時にライブの遅れが気になる人もいる様で、DAZNと同時に地上波やBS、CSなどて同じスポーツを視聴したりすると数分の遅れを感じる事があります。

実際にはスマホやタブレットのみで視聴している場合、ライブの遅れに気付く事はないと思います。

しかし同じスポーツを視聴している人のTwitterなどをみてみると、自分が見ているDAZNの動画よりも先の展開を呟いている人がいたりする事もあります。

そこでこの記事では、DAZNのライブの遅れについて、原因や改善方法などを解説、紹介していきます。

DAZNのライブの遅れの原因は?

DAZNのライブの遅れはネット配信というところから見ても、ある程度は仕方がない部分とも言えます。

やはり地上波放送やBS、CSの中継と比べてしまうと、必然的に多少の遅れが起きてしまいます。

基本的に1〜2分程の遅れは起こってしまうので、DAZNを利用する上ではその点は覚悟する必要があります。

しかし異常なほどのライブの遅れがある場合はネット環境が原因の事が大半です。

DAZNはネット配信サービスなのでネット環境が悪い場合、ライブの遅れや画質の乱れが起こります。

その為、ライブの遅れを抑えるためにはネット環境の改善が1番重要なポイントになります。

ライブの遅れを抑えるにはネット環境の改善を!

DAZNはネット配信サービスなので、ライブの遅れを抑えるにはネット環境をより良い環境へ改善する事が必要になります。

ネットの環境が悪いと、ライブの遅れだけではなく画質の乱れも引き起こします。

DAZNの公式サイトでも視聴する際の推進環境が発表されていて、この推進環境以上で視聴していない場合はライブの遅れや画質の乱れが起きても仕方ないと言えます。

DAZNの推進環境

  • 標準画質(720p):5.0Mbps
  • HD画質(1080p):9.0Mbps

>>ネットの速度の測定はこちらから

この様に、ライブの遅れを抑えて、より良い画質でDAZNを視聴するにはネット環境の改善が重要です。

DAZNを4G/LTE回線で視聴している方はWi-Fiの利用が必須ですし、Wi-Fiを利用していても通信速度が遅い場合は違うネット会社への変更も必要かも知れません。

DAZNの視聴はポケットWi-Fiもオススメ

現在Wi-Fiを利用していない方や、利用しているWi-Fiの変更を考えている方は、ポケットWi-Fiの利用を検討してみると良いと思います。

現在通常のWi-Fiを利用している方は、自宅ではWi-Fiを利用し、外では4G/LTE回線を利用していると思います。

しかしポケットWi-Fiはスマホサイズのルーターを持ち運べば、自宅に限らずどこでもWi-Fiが利用できます。

このポケットWi-Fiを利用すれば、自宅に限らず外出時や通勤時もWi-Fiが利用できるので、通信量を気にぜずに自宅に限らずどこでもDAZNを視聴できます。

また、Wi-Fiを利用せず各キャリアでデータ通信量無制限のプランを利用しDAZNを視聴している方もいると思います。

ただ各キャリアのデータ通信量無制限のプランは契約中の1機種のみが利用対象で、料金もポケットWi-Fiとほぼほぼ変わりません。

しかしポケットWi-Fiは1契約で複数機種が利用できるので、各キャリアのデータ通信量無制限のプランよりも間違いなくお得です。

ポケットWi-Fiは近年利用者がかなり増えてきていることもあり、各キャリアのパケット定額サービスよりも安く、データ通信量無制限で利用できるサービスも増えてきています。

通信速度が安定しているものも非常に多くなってきているので、これを機にポケットWi-Fiを利用してみるのもオススメです。

どんなときもWi-Fiは月額3,480円で無制限

ポケットWi-Fiサービスの中で1番のオススメは、現在CM等でもよく見る「どんなときもWi-Fi」です。

従来のポケットWi-Fiサービスでは

  • 月間制限(データ通信量が月間容量を超えると制限)
  • ヘビーユーザー規制(3日間の累計使用量が10GB以上を超えると制限)

という通信制限があるポケットWi-Fiサービスが主流でした。

しかし、どんなときもWi-Fiにはそんな制限は一切なく、月額3,480円で無制限で利用できます。(違法ダウンロードや不正利用した場合は通信制限される可能性もあります)

またネット回線は、ドコモ・ソフトバンク・auのネットワークに対応していて、場所、時間、利用状況によって自動的に最適な回線に切り替わるシステムなので、いつでもどこでも最適に利用できます。

同時接続も最大5台まで可能なので、自宅に置いておく場合は複数のスマホやパソコンで利用できます。

契約すると即日でwifiルーターが日本全国送料無料で配送されるので、最短の場合は翌日から利用開始できます。(もちろんルーターのレンタル料金はかかりません)

唯一のデメリットとしては2年契約という点があげられますが、今の時代にWi-Fiの利用を2年以内で終了する人はいないと思うので、長い期間でコスパを考えれば全く問題ないと思います。

また、注意点として2年契約の終了後に契約を延長する場合、料金が500円値上がりし月額3,980円になってしまいます。

その為、2年契約の終了後には契約の延長するかを1度考えた方が良いと思います。

なんにせよ、この「どんなときもWi-Fi」は、現在のポケットWi-Fiサービスの中で最も優良なポケットWi-Fiサービスと言えます。

利用しているWi-Fiの変更や、どのポケットWi-Fiサービスが良いのか悩んでいる方は、この「どんなときもWi-Fi」の利用を検討してみると良いです。

まとめ

DAZNのライブの遅れまとめ

  • ライブの遅れの原因はネット環境が大半
  • ネット環境が悪いとライブの遅れや画質の乱れを引き起こす
  • 4G/LTE回線で視聴している方はWi-Fiの利用が必須
  • 既にWi-Fiで視聴している方も通信速度が遅い場合は違うネット会社へ変更が必要
  • DAZNの視聴はポケットWi-Fiもオススメ
  • 「どんなときもWi-Fi」は今あるポケットWi-Fiサービスの中で最もオススメ

この記事では、DAZNのライブが遅れる時の原因や改善方法を解説、紹介してきました。

DAZNのライブの遅れはネット環境が悪い場合が大半です。

その為、ライブの遅れや画質の乱れを感じている方はネット環境の改善が必要です。

現在利用しているWi-Fiの通信速度が遅い場合は、違うネット会社のWi-Fiへ変更する事も考えた方が良いと思います。

またDAZNの視聴には、いつでもどこでもWi-Fiが利用できるポケットWi-Fiもオススメです。

ポケットWi-Fiを利用すれば、外出先や出勤時などでも通信料を気にする事なくDAZNが視聴できます。

ポケットWi-Fiは「どんなときもWi-Fi」が非常にオススメなので、どの会社のどのプランが良いのか分からない場合も、この「どんなときもWi-Fi」の利用を検討してみると良いと思います。

ありがとうございました!

-DAZN

Copyright© 阪神タイガースラボ , 2019 All Rights Reserved.