阪神・糸井嘉男の筋肉は半端じゃない!主食はプロテイン?

投稿日:2019年10月2日 更新日:

 

阪神・糸井嘉男選手は、2016年オフにFAでオリックスから阪神に移籍してきました。

2019年シーズンは、8月に左足首の関節炎で1軍登録を抹消され、その後新たに足首の腱の損傷も発覚し、シーズン中の復帰は絶望的になってしまいました。

糸井嘉男選手を簡単に紹介します。

糸井選手はプロ入りは、日ハムに投手として入団しました。

しかしプロ入り後の2年間で1軍登板は無く、プロ3年目から外野手へと転向し、その後は打者として結果を残して活躍し続けています。

野球以外の面では、天然エピソードが超豊富で「宇宙人」と呼ばれる事もある天然っぷりも有名です。

糸井選手の天然エピソードのごく一部を紹介すると

  • 「日本で一番東にある球団は?」に対して「ソフトバンクホークス!」と自信満々に回答
  • 投球練習でカーブを投げると宣言。しかしロージンに触っているとそれを忘れる。結果「豪速球を投げ込みキャッチャー激怒」

糸井選手には、これ以外にも半端じゃない数の天然エピソードがあります。気になった方は下記の記事からどうぞ↓

阪神・糸井嘉男選手は天然で宇宙人!超人と呼ばれる男の伝説を紹介!

糸井嘉男選手はFA移籍で2017年から阪神でプレーしています。 キャラは天然で面白いですし、野球の練習も練習の虫と呼ばれるほどの練習量をこなす選手です。 オフの自主トレの写真では、もはや体がボディービ ...

続きを見る

そんな糸井選手ですが、筋肉もムキムキのバキバキでホント半端じゃないです。

オフのトレーニングなどでその肉体を見ると、「もはやボディービルダーなんじゃないか」とも思ってしまいます。

糸井選手の2019年のプロフィールをWikipediaやスポナビなどで見てみると、身長188cmで体重98キロとなっています。

しかし、そんな大きな体でありながら糸井選手の体脂肪率は一桁との噂もあります。

以前までのプロフィールでは、体重88キロで体脂肪率は8%と公表されていました。

現在は数年前より体重が増えているようなので、もしかすると二桁に乗っているかも知れませんが、この体重の増加も筋肉による部分が非常に多いと思います。

そこでこの記事では、

  • 阪神・糸井嘉男の半端じゃない筋肉
  • 糸井選手は主食がプロテイン?
  • ソフトバンク・柳田選手も糸井選手を目標にプロテイン摂取
  • 糸井選手のような筋肉を目指すならプロテイン
  • 糸井選手の愛用のプロテイン

などについて紹介していきます。

阪神・糸井嘉男の半端じゃない筋肉

 

この投稿をInstagramで見る

 

阪神タイガースさん(@hanshintigers_official)がシェアした投稿 -

1枚目のインスタの写真は2018年1月の自主トレの時のものですが、物凄い二の腕してますね。

私の個人的な印象としては、糸井選手は年々体が大きくなっていると思います。(太ってきてるって意味じゃなく筋肉が)

なので現在はこの時よりもさらにムキムキになってるはずです。(プロ野球選手なのでユニホーム姿の写真ばかりで筋肉がわかる新しい写真がないのが残念です)

ただ、糸井選手の性格からして、今後も現役引退まで厳しいトレーニングを続けていくと思うので、今後も、このとんでもない筋肉の成長に期待です。

糸井選手の主食はプロテイン?

筋肉ムキムキの糸井選手ですが、その筋肉を作るために、厳しいトレーニングの他にプロテインの摂取を積極的に行なっています。

糸井選手は度々取材でプロテインについて冗談半分で話す事もありました。

ここでは一部を紹介します。

野球少年から「大きな体になるためには、子どものころどんなことを心掛けていましたか?」と疑問を投げかけられた。

すると、糸井は「おいしい物をたくさん食べて、プロテインです」と“超人節”。スタンドは大歓声に包まれた。

引用出典:デイリースポーツ


糸井の超人ぶりが、虎初参加のファン感謝デーで輝いた。入場から壇上でダンス。

「虎ト--ク!」では今季を振り返り、悔しそうに「もっとやります」と誓った。

質問コーナーでは「主食がプロテインって本当ですか?」と問われ、「この時期はそうですね」と適当に答えてから「お肉とかタンパク質」と続け、周囲をズッコケさせた。

引用出典:サンスポ

主食がプロテインのみって事はないですが、やはり糸井選手は積極的にプロテインを摂取しています。

以前の自主トレでは、炭水化物を抜いてタンパク質を摂取する厳しい食事制限を行いましたが、その時にも筋肉を落とさない為に食事の合間に積極的にプロテインを摂取していたようです。

このように、糸井選手の肉体を作る上ではプロテインの摂取も重要なポイントになっているようです。

ソフトバンク・柳田も糸井を目標にプロテイン摂取

ソフトバンク・柳田悠岐選手は、糸井選手と毎年一緒に自主トレを行う間柄で糸井選手を師と仰いでいます。

そんな柳田選手も糸井選手の体に憧れ、2018年の自主トレからプロテインを摂取しています。

ここでは、柳田選手がプロテインを摂取し始めた当時の話を抜粋して紹介します。

ソフトバンク・柳田悠岐外野手(29)の“勝負飯”は? 珍しい答えが返ってきた。

「プロテインです。勝負飯はプロテイン。練習中も部屋でも、腹が減ったらプロテインを飲んでますよ」

 食事は宿舎で食べて、ゆっくり寝ることを優先しているという。そんな生活で、部屋にも常備する“相棒”がプロテイン。実は、このオフからの取り組みだ。

 「もともとは全然飲まなかったんですけど。今年の自主トレからですね。糸井さんをみていたら、えげつないなって。僕もちょっと頑張らないとって思ったので」

 毎年1月の自主トレで、阪神・糸井嘉男外野手(36)の体力に圧倒されるのは恒例だ。見慣れるどころか、年齢を重ねてパワーアップしていく体に驚きは増すばかり。

 「今年で37歳ですよね。それであれは、やばいな。ああいう選手になりたい、糸井さんみたいになりたいっていう目標があるので」

引用出典:サンスポ

やはり柳田選手は糸井選手に強い憧れがあるようです。

柳田選手もプロ野球選手なので元々十分な筋力はあると思います。

ただ今後、厳しいトレーニングとプロテインの摂取を続けていくと、数年後には糸井選手のようにボディービルダーみたいな体になるかも知れませんね。

糸井選手のような筋肉をつけるならプロテイン!

糸井選手のバキバキな筋肉は、トレーニングとプロテイン摂取で作られています。

もし体を鍛えていて「なかなか成果が出ない」と思っている方は、プロテインを摂取してみるといいと思います。

プロテインとは?

プロテインは糸井選手や柳田選手以外にも、多くのアスリートが摂取しています。

それはなぜなのか?プロテインにはどんな効果があるのか?

プロテインに詳しくない人はこんな風に考えるかも知れません。

まず第一に、プロテインとは「タンパク質」の英語です。

日本では、プロテイン=サプリメントと認識されていますが、そもそもは英語でタンパク質の意味なんです。

タンパク質の筋肉への働きとしては

  • 筋肉の修復
  • 筋肉の肥大
  • 筋力の上昇

などを助ける働きがあります。

そんなタンパク質ですが、普段の食事だけでは1日に必要な摂取量を摂るだけでも非常に大変です。

食品に含まれるタンパク質の目安としては

  • ささみ100g=タンパク質25g
  • ステーキ100g=タンパク質17g
  • 牛乳100g=タンパク質3.3g
  • 卵1個=タンパク質6.2g

そして厚生労働省の栄養調査では、一般成人の1日あたりのタンパク質の必要摂取量は体重1kgあたり1g以上とされています。

となると体重70kgの場合は、鳥のささみだと約300g、ステーキだと400g以上、卵だと11個以上が必要摂取量になります。

さらにいうと、これは一般成人に必要な摂取量であり、筋肉をつけたい人はさらなる摂取が必要になります。

なぜなら、筋肉トレーニングをすると筋肉は損傷します。そしてそれを修復するにはタンパク質が必要だからです。

やはり少なく見ても、筋肉をつけたい人は一般成人の必要量の1.5倍アスリートともなれば2倍ほどのタンパク質を摂取するべきです。

その為、糸井選手や柳田選手のようなアスリートや筋肉をつけたい人には、簡単にタンパク質を摂取できるプロテインがオススメになります。

種類にもよりますが、一般的なプロテインは1回の使用量で15g〜25gのタンパク質が摂取できます。

筋肉をつけたい人でプロテインを摂取していない場合は、1度試せば今までとの違いを実感できると思います。

糸井選手が愛用しているプロテイン

糸井選手が愛用しているプロテインは江崎グリコが販売するパワープロダクションです。

糸井選手は以前に江崎グリコのトークショーにも参加しています。

パワープロダクションを愛用している糸井選手ですが、「いきなりパワープロダクションを使いたいとの連絡を糸井選手からいただいたんですよ。それは何か理由があったのですか」と桑原氏が尋ねると、糸井選手は「それは先生(桑原氏がきっかけです)」と答えていました。

桑原氏は、「最初のパワープロダクションの大事なコンセプトは、アスリートが頭を下げてでも『使わしてくれ』と言うようなもの(を作ること)」と説明し、糸井さんから連絡が来たときに「達成感を感じた」とそのときの嬉しさを語りました。

35歳という年齢で現役としてフィールドに立ち、“史上最年長盗塁王”という記録を持つ糸井選手ですが、ニックネームの超人に対しては、「僕は気に入ってます」とコメント。そして、自分のことを車にたとえて、「大型自動車を動かしているので、燃費悪いので。 体力消耗が激しいので、(パワープロダクションを)使ってます!」と商品への信頼を見せていました。

また、大谷選手の日本最速の164kmの玉を打ち返し、相変わらずの腕前で話題になった糸井選手ですが、桑原氏が「どうやって打つんですか?」と質問すると、「まぐれです!」と豪快に返答し、周りから笑いが起きました。注目を集めている後輩に「まっすぐもすごいですが、変化球もすごいんで。早く活躍が見たいですよね」と後輩への期待をよせる一面も見せました。 

最後に次のシーズンへの抱負を聞くと、「この商品もリニューアルして、グレードアップしたので。来年、自分の成績もアップしないと怒られると思うので。タイトルを絶対一つ取りたいと思ってます。そして監督を胴上げできるようにしたいです」と語っていました。糸井選手の来年の抱負を最後にトークセッションは終了しました。

2017年12月20日

引用出典:PR TIMES

また、以前の春季キャンプでは野球少年の質問に「イチゴ味のプロテインを飲むこと。以上!」とも答えています。

阪神は3日、沖縄・宜野座村の野球少年少女99名を対象に、1軍キャンプ参加選手全員で野球教室を行った。

野球教室終了後には質問コーナーも設けられ「糸井選手のようなすてきな体をつくりたい。好きな食べ物は?」という質問に糸井嘉男外野手は「アイライク、パン!」と“超人節”をさく裂させ、場内を沸かせた。

その後には「イチゴ味のプロテインを飲むこと。以上!」と話し、再び爆笑を誘った。

引用出典:日刊スポーツ

なのでこれをまとめると、糸井選手はパワープロダクションのイチゴ味のプロテインを愛用しているようです。

また、パワープロダクションのサプリメントも愛用しているようなので、プロテインとサプリメントの両用で、糸井選手の凄まじい肉体が作られています。

MAXLOADホエイプロテイン(ストロベリー味)

  • 乳由来のホエイプロテインを使用
  • 8種類の水溶性ビタミン、カルシウム、鉄も高配合
  • ストロベリー味、チョコレート味、サワーミルク味の3種
  • ストロベリー味はいちご果肉配合でフルーティー
  • チョコレート味はココアパウダー増量でチョコレート感アップ

エキストラアミノアッシド

  • 9種類の素材を組合せた錠剤カプセル型のサプリメント
  • 成長ホルモンの分泌量を増やす事に期待
  • 疲れが溜まっている方や生活が不規則な方には超オススメ
  • トレーニング後や就寝直前の摂取がオススメ

まとめ

  • 糸井選手の筋肉は半端じゃない
  • 糸井選手は積極的にプロテイン摂取している
  • 柳田選手も糸井選手を目標にプロテイン摂取
  • 糸井選手が愛用しているプロテインはパワープロダクションのイチゴ味

この記事では、糸井選手の半端じゃない筋肉や、糸井選手の愛用しているプロテインについて紹介してきました。

やはり糸井選手の筋肉は凄まじいですね。本気でボディービルダーみたいです。ソフトバンクの柳田選手が憧れるのも分かります。

柳田選手も糸井選手に憧れてプロテインを摂取し始めたみたいなので、数年後には糸井選手のようにムキムキになるかも知れません。

また、糸井選手が愛用しているプロテインは、江崎グリコが販売するパワープロダクションです。

体を鍛えている方でプロテインを摂取しようと思っている方は、一度試しにパワープロダクションを使ってみても良いと思います。

糸井選手のオススメはイチゴ味のようなので、味に悩んだ時はいちご果肉配合のストロベリー味がオススメです。

また、糸井選手はプロテインと合わせて、疲労回復やホルモン分泌量を増やす働きがある、錠剤カプセル型のサプリメントも愛用しています。

本格的に体を鍛えている方は、このサプリメントも一緒に使ってみると良いと思います。

トレーニングとプロテインで糸井選手のようなバキバキでムキムキな体を目指しましょう!

ありがとうございました!

阪神・糸井嘉男選手は韓国籍?嫁との離婚や別居の噂は本当?

糸井嘉男選手は、金本前監督時代の2016年オフにFAで阪神に移籍してきました。 阪神移籍後も、その鍛え抜かれた体から放たれる打球には目を見張るものがあり、ファンからは超人とも呼ばれています。 また、糸 ...

続きを見る

-阪神タイガース, 選手情報
-

Copyright© 阪神タイガースラボ , 2019 All Rights Reserved.