阪神フロントは無能!鳥谷選手の引退勧告について思うこと・・・

投稿日:2019年9月3日 更新日:

 

阪神フロントが、生え抜き阪神一筋で活躍してきた鳥谷敬選手に引退勧告をしました。

この引退勧告とは、事実上の戦力外です。

阪神フロントは2018年にも金本前監督を事実上の解任に追い込みました。

これ以前にも、2003年、2005年のリーグ優勝の功労者だった今岡(現ロッテ2軍監督)が阪神を退団する際には、当時オリックスの監督だった阪神元監督の岡田彰布が阪神フロントに向けブチギレた事もありました。

岡田元監督自身も阪神一筋で活躍してきた1985年の日本一の功労者でしたが、1993年に阪神を自由契約になりオリックスへ移籍しています。

この他にも、阪神フロントが阪神一筋で活躍してきた生え抜き選手を事実上の戦力外にし、他球団に放出した例は多くあります。

これには、年俸などの契約内容で仕方がない部分もあるのかも知れません。

しかし、入団から応援し続けてきたファンの気持ちは、いつもいつも置き去りにされている気がします。

この記事では

  • 藤原崇起オーナーとは
  • 揚塩健治球団社長とは
  • 鳥谷選手に引退勧告、事実上の戦力外
  • 鳥谷引退勧告について思うこと
  • キヨシもスポーツニュースで阪神フロントにキレる
  • 金本前監督の解任時もフロントは酷かった
  • まとめ・阪神フロントは無能!

などについて書いていきます。

*この記事は筆者の一個人としての考えが強いです

藤原崇起オーナーとは

名前:藤原崇起(ふじわら たかおき)

生年月日:1952年2月23日

出身:兵庫県明石市

  • 阪神電鉄会長
  • 阪急阪神ホールディングス代表取締役
  • 阪神タイガース取締役会長兼オーナー

藤原オーナーは、2018年12月から阪神タイガースの取締役会長兼オーナーを勤める現阪神タイガースのTOPです。

阪神タイガースの親会社である阪神電鉄のTOPでもあり、私のような一般人から見れば、もはや天下人のような人物です。

ただしかし、この藤原オーナーは野球に関しては素人同然で無知と言えます。

実際、藤原オーナー自身も自分が野球に詳しくない事を認めていて、2018年の矢野監督就任時には「自分は野球のことは全くわからない」「野球の“や”の字も知らないくらい」とも語っています。

ただそんな野球を知らないはずの藤原オーナーは、任期を残した金本前監督を解任した張本人でもあります。

金本前監督の解任時には、かなり批判の声があがっていたのも事実です。

揚塩健治球団社長とは

名前:揚塩健治(あげしお けんじ)

生年月日:1961年1月31日

出身:大阪府堺市

  • 阪神タイガース球団社長
  • 藤原オーナーの大学の後輩(大阪府立大学)

揚塩球団社長は、2017年12月より阪神タイガースの球団社長に就任しました。

2009年から2011年まで阪神タイガースの球団営業担当常務取締役を務めていた時期もあったので、社長就任は球団への復帰にもなりました。

この揚塩社長は、鳥谷選手への引退勧告や発言でも注目されています。

鳥谷選手に引退勧告、事実上の戦力外

この引退勧告報道はチームがCS出場を目指す中、まだ20試合以上を残した状態で新聞によって報道されました。

新聞の報道を受け、揚塩球団社長は鳥谷選手について「本来は自分で出処進退を決められる数少ないプレーヤーだと思っていますんで、そこは本人が決める話」「答えはまだ出ていない」と語っていました。

しかしその後に鳥谷選手が取材で『球団に「引退してくれないか」と言われた』と明かし「阪神のユニホームを着るのは今年が最後」と語りました。

分かりづらいかも知れないので、話の流れを簡単に説明すると

  1. 鳥谷選手が戦力外と新聞で報道
  2. 新聞の報道を受け、揚塩球団社長は「自分で出処進退を決められる数少ないプレーヤー」と、まだ何も決まっていない事を強調
  3. しかし鳥谷選手が「引退してくれないか」と実際に引退勧告されていた事を明かす
  4. 結果、阪神での出処進退は引退のみ

もうね、何て言うか、ワケ分からん・・・

ここから個人的な思いを書きますが、無視して平気です

出処進退を自分で決められるってどういう意味で言ってるん?

それは他球団に行けという意味か?

そもそもチームがCS出場目指してて、20試合以上も残ってるのよ?

矢野監督が「鳥谷はCS出場のキーマン」って発言したと思ったら、フロントは「引退してくれないか」って、もう本当にワケ分からん。

アンタらフロントと現場は、いっつも意思疎通が皆無なんじゃ。

確かに2019年の鳥谷は打点もホームランも0。

1軍にいる事自体に文句言いたい人がいるのも分かるし、きっとここ数年で阪神ファンになった人なんかは特に、この成績じゃ引退勧告も当然だと思うんだろう。

でも私みたいに鳥谷敬を阪神入団から、東京ドームのレフト前のプロ初ヒットから見続けてきた人間は、他球団のユニを着る鳥谷を見たくない思いや、こんな形で阪神を去って欲しくない思いで、本当に胸が張り裂けそうなんですよ。

きっと今の若い阪神ファンも、これから10年20年と同じ選手を見続けていって、そんな選手の引き際がこんな形になったら本当に悲しいと思う。

2019年の阪神は矢野監督が常日頃から「ファンを喜ばせる」と言い続けてきた。

でも実際は、読売にシーズン4度の3タテを喰らい大幅の負け越し、優勝の可能性も早くに薄れ、若手の育成を謳いながら開幕から4番に使い続けてきた大山選手を見ても、しっかり育成出来ているとは到底思えない。

そこへ来て、生え抜き阪神一筋で、今までファンを喜ばせ続けてきた鳥谷選手にCSを争うシーズンを残した中で引退勧告。

もうなんて言うか本当に言葉が出ないよ。

中畑清も阪神球団にブチ切れ

中畑清氏は2019年8月31日に放送された、テレビ東京「SPORTSウォッチャー」に解説者として出演した際、阪神フロントに対し怒りを露わにしました。

中畑清氏が発言した内容をまとめると…

「このタイミングだよ?功労者に対して、このタイミングで引退勧告なんて。まだ残り試合も十分残ってるのに...。やる気満々の功労者に対して言う言葉じゃない。ありえないね」

「これ、ジャイアンツで言うなら、阿部慎之助に引退勧告してるのと同じこと」

「いま鳥谷の気持ちになったら、どうやってプレーしていいのか。彼のモチベーション、どう保っていけばいいのか」

「もう、『どうなってんだ阪神!』と言うくらい。選手に対しての気遣いをもうちょっとして欲しいな。お願いします!」

テレビ東京・SPORTSウォッチャー

引用出典:J–CAST

これは中畑清氏の言う通りだと思います。

この『どうなってんだ阪神!』本当にその通りです。

金本前監督の解任も今考えても普通じゃない

2018年の金本前監督の事実上の解任も、今考えてもやっぱり普通じゃなかったです。

この解任劇は、当時は時期オーナーだった現・藤原オーナーと阪神電鉄の秦雅夫社長の2人が協議の上で決定し、揚塩球団社長によって金本監督に伝えられました。

ここで問題だったのは、谷本修本部長(当時の球団ナンバー2)と嶌村聡副本部長が全く知らされていなかったと言う点です。

簡単に言えば、球団ナンバー2が何も知らされず金本監督続投として動いていたら、裏では本社が動いて解任劇を進めていたと言う点です。

この件については球団内部でも、かなり多くの批判の声があがっていました。

まぁ普通に考えてそうなるでしょう。

金本前監督解任についての詳しい内容は下記の記事で紹介しています。

阪神・新オーナー藤原崇起とは?金本監督の解任を指示したのは本当か?

阪神タイガースのオーナーが変わります。 現オーナーの坂井信也オーナーが2018年11月30日の任期切れでの辞任を発表しました。 元々、今季限りで退任する予定だったようですが金本監督の解任と同時に発表さ ...

続きを見る

まとめ・阪神フロントは無能!と言うか変!

この記事では、阪神フロントトップの藤原崇起オーナーと球団トップ2の揚塩健治球団社長についてや、鳥谷選手の引退勧告について思う事などを書いてきました。

筆者である私の個人的な思いが強くなってしまった事は申し訳ありません。

ただやはり、阪神フロントに関しては無能と言わざる負えないですし、やっぱり変だと思います。

これは鳥谷選手についての事のみに関わらずに言えます。

実際に今までの阪神フロントは、功労者の引き際に対して厳しい対応をしてきています。

戦力を整える為というのは分かります。

でもじゃ、阪神は何年優勝してないのよ。

阪神の球団の歴史は、読売に次ぐ12球団で2番目に長い球団でありながら、日本一は1985年のたったの一度のみ。

楽天は2005年からパ・リーグで戦い始め、10年経たずに日本一になっています。

この責任が選手、監督、コーチなどの現場のみの責任とは言えない、フロントに責任がないとは言えないはずです。

やはりチームの成績を見ても、阪神フロントは無能と言割れても仕方がないです。

きっとフロントとしてはチームの経営さえ上手くいけば問題ないのかも知れない。

それは間違いでは無いんでしょう。

ただもう少し、現場である監督、コーチ、選手や、どこの球団より数多く熱い阪神ファンの気持ちを考えて欲しいです。

今後、フロント、現場、ファンが同じ方向を向いて行けるように色々考えて貰いたいですね。

正直、不満は腐るほどありますが、私はこれからも阪神タイガースを見続けていきます。

球団がいい加減、変わってくれることに期待しながら・・・

長くなりましたがありがとうございました!

-阪神タイガース, チーム情報
-, , ,

Copyright© 阪神タイガースラボ , 2019 All Rights Reserved.