阪神・板山祐太郎はハーフ?結婚した奥さんは誰?矢野監督も期待の選手!

投稿日:2019年3月18日 更新日:

 

阪神・板山祐太郎選手は、2015年ドラフト6位で阪神に入団しました。

阪神はこのドラフト直前までは、ドラフト指名を5人程で終了する予定で、板山選手は指名しない方針でした。

しかし、当時監督だった金本知憲前監督が、ドラフト会議当日に板山選手の指名を決断し、球団も急遽予定を変更して板山選手の6位指名を決断しました。

これには板山選手が大学4年の時に指導を受けていたトレーニングジムのトレーナーが、現役時代の金本前監督も指導していて、金本前監督がこのトレーナーから板山選手の身体能力の高さを伝えられていた事も要因になっているようです。

実際に板山選手は、阪神入団後の新人選手の体力測定で7項目中4項目でトップの数値を残しています。

この記事では、そんな阪神・板山祐太郎選手の

  • プロフィール
  • 結婚した奥さん
  • 板山選手はハーフ?
  • 矢野監督の期待は大きい

などを紹介していきます。

板山祐太郎選手のプロフィール

名前:板山祐太郎(いたやま ゆうたろう)

生年月日:1994年3月27日

身長・体重:180cm・79kg

血液型:A型

背番号:63

ポジション:外野手、二塁手、三塁手、一塁手

投球・打席:右投げ左打ち

出身:神奈川県横浜市

経歴:成立学園高校→亜細亜大学→阪神

プロ入り:2015年ドラフト6位

  • 走攻守でバランスの取れた外野手だが、大学2年時の春季リーグ戦までは二塁手だった
  • 阪神入団後は、外野手の層が厚いチーム事情から、出場機会を得るため二塁や三塁の守備も練習
  • 打者としては、スイングスピードの速さとミートポイントの確実性を合わせ持つことから、飛距離の長い打球を放てる

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/板山祐太郎

板山選手が結婚した奥さんは誰?

板山選手は2018年のオフに、東京都出身の一般女性とシーズン中に結婚していた事を球団を通じて発表しています。

奥さんは亜細亜大学時代の2学年下の後輩で、野球部のマネージャーでした。マネージャーとして入部してきた半年後から交際を始め、4年間の交際を経て2018年のシーズン中に結婚へと至りました。

この奥さんはポジティブな性格らしく、板山選手が結果を出せずに落ち込んでいても

「じゃあ、明日打って取り返せば良いじゃん!」

と、前向きに背中を押してくれるようです。

板山選手は奥さんについて

「表情や雰囲気で感じ取ってくれてプラス思考に持っていってくれる」

と、語っています。

また、結婚を発表した際には

「結婚を機に考え方や取り組み方を大きく変えるわけではありませんが、来季は自分にとって勝負の4年目になるので、これまで以上に強い意志と強い覚悟を持って、自分らしく全力疾走で頑張りたいと思います」

「来シーズンオフには家族、ファンの方々とともに喜び合えるようにこのオフからしっかり取り組んでいきたいと思います。今後ともご声援よろしくお願いします!」

出典:https://www.nikkansports.com/baseball/news/201812260000173.html

と、結婚と今後に向けての思いをコメントとして発表しています。

板山祐太郎選手はハーフ?

板山選手の事をハーフじゃないかと思っている人もいるようなんですが、ハーフという情報はいくら調べても見つかりません。

多分、「顔がハーフっぽい」って事でそう思っている人が多いんだと思います。

板山選手は元2軍監督の掛布さんに「虎のジョコビッチ」なんて言われた事もありましたし、確かにちょっと似てますね。

きっと板山選手がハーフと思われているのはイケメンって意味もあるんだと思います。いい意味でハーフっぽいって事ですね。

ただ実際は、いくら調べても情報はないのでハーフではなさそうです。

矢野監督の期待は大きい!

矢野監督は、板山選手に対してかなり期待が大きいようです。

2018年2軍監督だった矢野監督は、2軍の試合で板山選手を4番で起用することが非常に多かったです。

矢野監督が2軍監督就任当初には板山選手と話し合いをした事もあったようで、ネットニュースではその時の内容も紹介されています。

1年前の板山は失意の底にいた。3年目で振り分けられたのは2軍キャンプ。当時の矢野2軍監督が実戦で先発から外すと、ベンチで下を向いていた。試合後、2人で話し合った。

 「お前はどうなりたいんや」「それでは俺もよう使わんぞ」「やれることからやってみろよ」。その日を境に板山は変わった。一塁まで全力疾走し、守備位置までも走る。同期の高山へのライバル心も胸にしまった。矢野監督から「自分がどうなりたいかが大事」と言われ続けたからだろう。

 今、板山は早朝からバットを振る。紅白戦でも走ることには手抜きしない。「監督には去年から声をかけてもらってきました。その期待に応えたい。強く思っています」。競争の輪に加わる人数が増えた。それが最大の補強ではないか。

出典:https://www.asahi.com/articles/ASM2J33LBM2JPTQP001.html

板山選手はネガティブな所があるようなので、矢野監督は板山選手を前向きにさせる為に自ら話し合いまで行なったんでしょうね。

その後の2軍戦では板山選手は主に4番を務めています。これはきっと矢野監督としても板山選手に前向きにがんばって欲しい、という意味もあったんじゃないでしょうか。

きっと板山選手も4番で起用され「矢野監督の期待に応えたい」という気持ちも強くなっていったんだと思います。

今後は1軍の舞台での板山選手の活躍と矢野監督の起用法も注目になりそうです。

まとめ

この記事では、板山祐太郎選手の

  • プロフィール
  • 結婚した奥さんは大学の後輩
  • 板山選手はジョコビッチ似でもハーフではない
  • 矢野監督は板山選手に期待大

などを紹介してきました。

板山選手は、プロ入りからこれまで1軍に定着したシーズンはありません。

ただ、2軍監督として板山選手を間近で見てきた矢野監督は、これまでよりも起用を増やす可能性もあります。

なので、今後の矢野監督の板山選手の起用法には注目です。

板山選手には、結婚した奥さんの為にも今まで以上にがんばってもらいましょう。

今後、「虎のジョコビッチ」が一軍に定着できるか注目です。

ありがとうございました!

-阪神タイガース, 選手プロフィール, 選手情報
-,

Copyright© 阪神タイガースラボ , 2019 All Rights Reserved.