阪神・浜地真澄選手の実家は福岡県の老舗酒造!甘酒を飲むのが日課!

投稿日:2019年1月30日 更新日:

浜地真澄選手2016年ドラフト4位で阪神に入団しました。

2018年までに一軍出場はありませんが高卒入団の浜地選手には今後の成長への期待が大きいです。

また、浜地選手の実家は福岡県の有名な老舗酒造「浜地酒造・杉能舎」です。

浜地選手は入寮時に実家の酒造の甘酒を配って挨拶回りしたようで、その甘酒はなかなかの好評だったようです。

この記事では浜地真澄選手の

  • プロフィール
  • 球種・特徴
  • 真澄という名前の由来
  • 実家は浜地酒造・杉能舎
  • 浜地酒造・杉能舎の甘酒

などについて紹介していきます。

浜地真澄選手のプロフィール

画像出典:http://sp.baseball.findfriends.jp/player/%E6%B5%9C%E5%9C%B0%E7%9C%9F%E6%BE%84/

名前:浜地 真澄(はまち ますみ)

生年月日:1998年5月25日

身長・体重:185cm・89kg

血液型:O型

背番号:36

ポジション:投手

投球・打席:右投げ右打ち

出身:福岡県福岡市

経歴:福岡大付属大濠高→阪神

プロ入り:2016年ドラフト4位

浜地選手の球種・特徴

がっしりとした体格から威力のあるストレートを投げ込む若手右腕。

最速150km/hのストレートとスライダー、カーブ、チェンジアップを投げる。

肘を柔らかく使った力みのないフォームが特徴。

コントロールと球のノビ、キレに対する評価が高い一方で、決め手となる変化球の体得を課題としている。

出典:スポナビ・Wikipedia

真澄という名前の由来

浜地選手の真澄という名前は元巨人の桑田真澄と同じなので

「もしかしたら名前の由来は桑田?」

と思った方もいると思います。

ただネットなどで調べた結果、桑田真澄は名前の由来では無いようです。

そもそも浜地選手の家族は一家揃っての阪神ファンで、真澄という名前の由来は浜地選手が生まれた日が

「澄み切った青空が広がっていた」

という事から浜地選手の父が名付けたようです。

ただ浜地選手自身はドラフト後の新入団発表で

「桑田さんのようなクレバーな投手になりたい」

とも語っていて、同じ名前の桑田真澄を目標にもしているようです。

浜地選手の実家は福岡県の老舗酒造

画像出典:https://www.crossroadfukuoka.jp/event/?mode=detail&id=400000008322&isSpot=1

浜地選手の実家は1870年から続く、創業150年近い老舗の酒造です。

浜地選手の父が6代目に当たり、次期7代目は浜地選手の兄が継ぐようです。

浜地酒造・杉能舎

浜地酒造・杉能舎では日本酒、甘酒、地ビールなどのお酒やパン工房で焼かれたパンなどを販売しています。

浜地酒造・杉能舎については↓

杉能舎は江戸時代に、伊土志摩(現在の今宿町から二丈町にかけての糸島半島)の庄屋を統括する大庄屋をつとめておりました。

その当時は余った年貢米で醸す酒がなによりのもてなしで、客人たちにたいへん喜ばれたと伝え聞いております。

浜地酒造は明治三年創業、140年の歴史を刻んだ博多の造り酒屋です。

浜地酒造を代表する「杉能舎(すぎのや)」は、全国清酒鑑評会等で数々の賞を受賞し、博多の銘酒蔵として現在に至っております。

浜地酒造の初代、濱地新九郎は無類の芸事好きで、ある時、福岡城で行われた薪能にいたく心酔し、翌日酒蔵の裏山から杉の大木を切り出し、杉の舞台を作りました。本来、能舞台には桧を使用するわけですが、それを探す時間も惜しむくらいの芸事好きだったということです。

そのようないきさつで「杉能舎」・・・杉の能舞台のある家と呼ばれるようになりました。

出典:http://www.suginoya.co.jp/info.html

浜地選手は甘酒を飲むのが日課

出典:http://suginoya.shop-pro.jp/?pid=62150064

浜地選手は実家の酒造で作られた甘酒を飲むのが日課で、虎風荘入寮時には先輩選手や寮長などに、この甘酒を配って挨拶回りをしたようです。

甘酒は簡単に栄養を吸収できる事もあって、愛飲しているプロ野球選手も多いようです。

浜地選手は高校2年生から愛飲

浜地酒造・杉能舎で販売されている甘酒はノンアルコールです。

浜地選手は高校2年生の時に母親から

「栄養にいいから、飲んでみたら?」

と勧められた事をきっかけで飲み始め、その後は牛乳で割って飲むのが日課になっているようです。

浜地選手によれば体調の変化も多かったようで

「体の調子が良くなって、朝すっきりします。風邪も引かなくなりました」

とのことです。

虎風荘に入寮後も実家から欠かさず送ってもらっているようで、プロ入り後も甘酒を飲むことを日課として続けています。

大山選手にも甘酒が好評

浜地選手はドラフト後の虎風荘入寮時に先輩選手や寮長などに甘酒を配って挨拶回りをしました。

浜地選手と同年の2016年ドラフト1位で入団した大山悠輔選手は、浜地選手に貰った甘酒が気に入ったようで

「体に良いので、そういうところから気を使っていきたいと思う。これからも飲んでいきたい。なくなったら、またもらいにいきます」

と語っています。

浜地選手は挨拶回り後の甘酒の評判について

「おいしいと言っていただきました」

「言ってきてもらえれば、また配りたい」

と語っていて、また要望があれば甘酒を配る予定のようです。

ダルビッシュや前田健太も愛飲!

メジャーリーグで活躍する前田健太ダルビッシュ元ソフトバンクの本多なども甘酒を愛飲しているようです。

甘酒は一流選手との関わりも深い。大リーグに目を向けると、ドジャース・前田は毎試合登板前に飲む習慣があるといい、レンジャーズ・ダルビッシュも体調管理の一環で摂取しているもよう。

ドジャース前田は広島時代、大瀬良に栄養をすぐ吸収すると勧め、ソフトバンク本多も「1日練習が終わった後に飲むと体に染みわたってくれるんですよね」とお気に入りだ。

この他にも甘酒を飲んでいるプロ野球選手は多いようです。

甘酒は疲労回復に良いと言われているので、プロ野球選手にはオススメだと思います。

今後も多くのプロ野球選手に浜地酒造・杉能舎の甘酒を飲んでもらいましょう!

まとめ

この記事では浜地真澄選手の

  • プロフィール
  • 球種・特徴
  • 真澄という名前の由来
  • 実家の浜地酒造・杉能舎
  • 浜地酒造・杉能舎の甘酒

などについて紹介してきました。

浜地選手は高卒入団なのでこれからの伸びしろに大きな期待ができます。

入団して2年間は一軍登板がありませんでしたが、2019年は一軍キャンプにも選ばれ、今後の活躍次第ではシーズン中の一軍初登板も十分にあり得ます。

これからも実家の酒造で作られた甘酒で体調を整え、野球に打ち込んでもらいましょう。

2019年の一軍初登板に期待です!

ありがとうございました!

-阪神タイガース, 選手プロフィール, 選手情報
-,

Copyright© 阪神タイガースラボ , 2019 All Rights Reserved.