阪神が巨人に競り負け、再び最下位に転落した。同点の9回無死一塁。坂本のゴロを捕球した遊撃鳥谷が二塁にトスしたが、代走鈴木の足がわずかに先行し、セーフにしてしまう。痛恨の野選で走者を得点圏に進めてしまい、決勝点の引き金になってしまった。

金本知憲監督(48)は「(鳥谷には)何試合か前に危ないぞと注意したんだけどね、本人には。出たわね、今日…」と首をかしげた。昨季、白星なしの3敗を喫していた天敵マイコラスに7回で1得点。3三振した鳥谷は「いいところに来ていたと思うんですが…」と厳しい表情だった。