梅野隆太郎選手は侍ジャパンに選ばれるか?2018年セリーグ唯一の規定打席到達捕手!

投稿日:2018年10月10日 更新日:

 

http://www.japan-baseball.jp/jp/summary/download/

Point at 3−LINE

  • 梅野隆太郎選手に侍ジャパンへ選ばれる可能性がある
  • 2018年のセリーグ捕手では唯一の規定打席到達打者
  • 侍ジャパンの今後の日程も紹介

梅野隆太郎選手は2018年、阪神の捕手として1番多くの試合でマスクを被りスタメン捕手を掴んだと言っていい活躍をしています。

セリーグの捕手では2018年シーズンで唯一の規定打席に到達した捕手です。

そんな梅野選手ですが今後侍ジャパンに選出される可能性があります。

現在の侍ジャパンは2020年の東京五輪に向けて稲葉監督が指揮をとっています。

東京五輪の前には

  • 018年11月に日米野球と壮行試合
  • 019年11月にプレミア12が日本開催

などの試合が予定されています。

まずは2018年11月の日米野球と壮行試合に選出されるかがポイントです。

この記事の成績や記録は2018年10月9日時点のものです

侍ジャパンの試合日程

侍ジャパンは2020年の東京五輪の前にも多くの試合が予定されています。

2019年にはプレミア12が日本で開催されることも決定しました。

2018年シーズンオフから東京五輪までの決まっている試合日程を紹介します。

2018年11月に日米野球と壮行試合

2018年は11月に日米野球とチャイニーズ・タイペイとの壮行試合が予定されています。

開催期間は11月7日〜11月15日までです。

  • 11月7日  壮行試合(VSチャイニーズ・タイペイ)会場・ヤフオクドーム
  • 11月9日  日米野球 会場・東京ドーム
  • 11月10日 日米野球 会場・東京ドーム
  • 11月11日 日米野球 会場・東京ドーム
  • 11月13日 日米野球 会場・マツダスタジアム
  • 11月14日 日米野球 会場・ナゴヤドーム
  • 11月15日 日米野球 会場・ナゴヤドーム

試合開始時刻は日によって変わります。

詳しくは侍ジャパンオフィシャルサイトで確認してください。

2019年11月にはプレミア12が日本開催

2019年は第2回プレミア12が日本で開催されます。

この大会は2020年の東京五輪の予選も兼ねて行われます。

日本は開催国なのでこの予選の結果にかかわらず東京五輪の出場は決まっています。

第2回プレミア12の日程は

1次ラウンドを韓国、台湾、メキシコで開催の予定で、その後日本で上位6チームによる2次ラウンドと決勝、3位決定戦を開催する予定です。

日本で行われる2次ラウンドは2019年11月12~11月16日まで行われ、11月17日決勝3位決定戦が行われます。

会場は東京ドームZOZOマリンスタジアムで行われる予定です。

2020年に東京五輪!

現侍ジャパンの最終目標は2020年東京五輪の優勝です。

東京五輪の野球の日程は2020年7月29日〜8月8日まで行われる予定です。

会場は福島あずま球場横浜スタジアムで行われます。

ただこの試合日程は変更になる可能性もあります。

現状では目安として考えておいてください。

詳しくは東京五輪公式ウェブサイトで確認してください。

侍ジャパンは捕手3人制!候補の捕手は?

侍ジャパンの捕手は3人制です。

2018年3月に行われた壮行試合で選出された捕手は

ロッテ・田村龍弘選手

巨人・小林誠司選手

ソフトバンク・甲斐拓也選手

の3人が選ばれています。

なのでこの3人は選出の有力な候補選手です。

また、西武の森友哉選手も2018年は捕手での出場が増え、選出の候補と言えます。

この選出候補の4選手について簡単に紹介します。

ロッテ・田村龍弘

田村選手の侍ジャパン選出はほぼ確実だと思います。

2018年シーズンは140試合に出場していてロッテの完全な正捕手です。

パリーグでは唯一の規定打席到達捕手で打率は.241です。

出場試合数がプロ野球の捕手で1番多いなか、捕逸3とキャッチング能力も高いです。

間違いなく今後の侍ジャパンの試合には選出される選手です。

ソフトバンク・甲斐拓也

甲斐選手は盗塁阻止率.447と非常に高いです。

この盗塁阻止率.447はバケモンと言っていいレベルですね。

ソフトバンクでは1番多くの試合でマスクを被っています。

ただ失策数が8とパリーグの捕手の規定試合に到達した選手では1番多い面もあります。

また、打率も.213と少し物足りないです。

巨人・小林誠司

小林選手は2017年のWBCでも多くの試合でスタメンマスクを被り活躍しました。

このWBCでの活躍でネットでは世界の小林と言われたりもしてましたね。

ただ2018年シーズンは大城選手宇佐美選手にスタメンマスクを譲る機会もみられました。

その為、2018年は巨人入団2年目の2015年以来3年ぶりに規定打席に届きませんでした。

元々打撃には課題も多く2018年の打率は.219です。

ただ盗塁阻止率はセリーグトップの.341を記録していて強肩は健在です。

西武・森友哉

画像出典:Number Web

森選手は打率.275本塁打16打点80打撃力が非常に高いです。

この打撃力は侍ジャパン候補の捕手の中で間違いなく1番です。

また、捕手出場が81試合ながら盗塁阻止率.373を記録しています。

ただプロ入りした2014年から2017年までで捕手としての試合出場が62試合と少ないです。

2017年まではDH外野での出場が多かった為、捕手としての経験という面は他の選手より多少劣ります。

阪神・梅野隆太郎選手が侍ジャパンに選ばれる可能性は?

阪神・梅野隆太郎選手にも2018年11月の日米野球と壮行試合で侍ジャパンに選ばれる可能性があると思います。

2018年の梅野選手はセリーグの捕手ではただ1人の規定打席到達打者です。

もともと強肩キャッチングには定評がありますが、シーズン後半からは打撃もかなり好調です。

個人的には2018年の活躍は侍ジャパンに選出されても良いレベルだと思います。

セリーグでは唯一の規定打席到達捕手!

梅野選手は2018年のセリーグで捕手で唯一、規定打席に到達しています。

この規定打席到達は阪神の生え抜き捕手で「捕手としてのみ出場した選手」では1998年の木戸克彦以来の30年ぶりの快挙です。

130試合以上に出場し、もはや阪神の正捕手と言っていいでしょう。

パリーグではロッテの田村選手が規定打席に到達していて、2018年のプロ野球で規定打席に到達した捕手は梅野選手と田村選手の2人だけです。

西武の森友哉選手も規定打席には到達していますが50試合近くがDHで出場のため、捕手のみでの出場した選手ではありません。

ただ森友哉選手は捕手としても81試合に出場しているため守備成績などに残る捕手の規定試合数には達しています。

規定試合数とは?

  • 野手はチーム試合数×2/3
  • 捕手はチーム試合数×1/2
  • 端数は四捨五入

2018年シーズン終盤は打撃も好調

2018年の梅野選手はシーズン序盤の打撃成績はそこまで目立ってはいませんでした。

しかしシーズンが進むにつれて打撃が向上し、10月9日時点で打率.258を記録しています。

月間打率で見ると

3、4月・打率.16

月・打率.213

6月・打率.286

月・打率.222

8月・打率.338

9、10月・打率.275

となっていて、7月は成績を落としましたが6月以降に打率が上昇しています。

シーズン終盤からは打順も6番での出場が多くなり5番を打つ試合もありました。

ベンチとしても打撃に期待する部分も大きくなっているんだと思います。

強肩とキャッチングはトップクラス

梅野選手の強肩キャッチングはプロでもトップクラスだと思います。

2018年の盗塁阻止率は.315で巨人の小林選手に次いでセリーグ2位の成績です。

キャッチングも元々定評がありルーキーイヤーには捕手として規定試合に達した選手で唯一の捕逸0を記録しています。

強肩はファンの間では梅ちゃんバズーカと呼ばれ、キャッチングも金本監督にキーパー梅野と言われることもありました。

この梅野選手の強肩とキャッチングは十分に侍ジャパンで通用するレベルだと思います。

野選手の強肩とキャッチングについては次の記事で動画も交えて詳しく紹介しています↓

>>阪神・梅野隆太郎選手は強肩とキャッチングが魅力!プロフィールも!

梅ちゃんが選ばれる可能性も十分ある!

梅野選手が侍ジャパンに選ばれる可能性は十分にあると思います。

打撃では選出候補の森友哉選手に継ぐ好成績で規定打席にも達しています。

そこにプロでもトップクラスの強肩とキャッチングをプラスすれば他の候補選手と比べても全く見劣りしないです。

リード面で不安視される可能性もありますが、批判的な声もあった2ストライク後の1球外し」ベンチの指示だっことも分かっています。

なのでリード面は未知数でこれからの向上にも十分期待できると思います。

また、年齢的にも東京五輪時に29歳なので1番良い時期です。

なにより阪神ファンとしては梅ちゃんが侍ジャパンの正捕手なんてことになったらホント最高ですね。

まとめ

この記事では

  • 侍ジャパンの今後の日程
  • 侍ジャパンの捕手に選出候補の選手
  • 梅野選手の2018年の成績、規定打席到達について
  • 梅野選手が侍ジャパンに選ばれる可能性について

などを紹介してきました。

個人的には梅野選手が侍ジャパンに選ばれる可能性は十分にあると思っています。

もともと自慢の強肩とキャッチングにプラスし、シーズン終盤の打撃の向上には大きな魅力を感じました。

東京五輪で正捕手梅野となると阪神ファンとしては非常に嬉しいです。

まずは2018年11月の日米野球と壮行試合への選出に期待ですね。

ありがとうございました!

-阪神タイガース, 選手情報
-,

Copyright© 阪神タイガースラボ , 2019 All Rights Reserved.