阪神・原口文仁選手はなぜスタメン出場できないのか?代打成績は驚異的!

投稿日:2018年9月18日 更新日:

https://www.instagram.com/p/BnN3wYglTxm/?taken-by=hanshintigers_official

原口文仁選手は現在阪神で代打の切り札として驚異的な成績を残しています。

2017年は一塁手として出場がメインでしたが、2018年からは本格的に捕手に復帰しています。

この記事では

  • 原口選手のプロフィール
  • 代打での驚異的な成績
  • なぜスタメン出場できないのか?

などについて紹介していきます。

原口文仁選手のプロフィール

原口文仁選手の主なプロフィールは次の表の通りです。

生年月日1992年3月3日
身長・体重182cm・92kg
血液型AB型
背番号94
ポジション捕手・一塁手
投球・打席右投げ右打ち
出身埼玉県大里郡
経歴帝京高校
プロ入り2009年ドラフト6位

原口選手は帝京高校出身で2年生から本格的に捕手に転向しています。

3年の夏には甲子園に出場し8強入りしています。

阪神へは2009年ドラフト6位で契約金3000万円、年俸480万円の条件で契約し入団しています。

育成契約から再び支配下へ復帰

原口選手は2012年に自由契約を経て育成契約になっています。

入団当初の背番号は「52」でしたが育成契約となった際に「124」に変更になりました。

その後は3年間を育成選手として過ごし、2016年の4月に再び支配下登録を勝ち取っています。

支配下登録後から背番号は「94」に変更されています。

2016年オフには球団から再び若い背番号への変更を打診されましたが、固辞しています。

原口選手はこの背番号変更の固辞について

「表に出させてもらった番号なんで。さらに結果を残したいという思いで、この番号で」

と、語っています。

原口選手の応援歌と登場曲

原口選手は2017年から個人応援歌が作成されています。

>>阪神タイガース選手応援歌(ヒッティングマーチ)

2018年の登場曲はDJ SNAKEの「The Half」です。

>>選手登場曲(2018年度版)

代打成績は驚異的な数字!

2018年は代打出場がメインとなっている原口選手ですが、驚異的な数字を残しています。

後は阪神の球団代打安打記録の更新にも期待できます。

代打打率4割越え

原口選手、9月16日時点での代打打率が「.440」を記録しています。

スタメン出場時の打率は「.226」なので、代打出場時に驚異的な成績を残している事が分かります。

スタメン出場時の打率は出場自体が少ないこともあるので、出場が増えればスタメン打率も上がる気がします。

また、トータルの打率は「.330」を記録しています。

*記録は2018年9月16日時点のものです

球団代打安打数の更新も間近

阪神の球団最多代打安打数は桧山進次郎選手の「23本」です。

現在原口選手は「22本」の代打安打を記録しています。

なのであと1本で記録更新です。

まだ20試合以上残されているんで十分記録更新に期待できます。

ちなみに代打安打数のプロ野球記録は元ヤクルトの真中満さんが残した「31本」です。

さすがにプロ野球記録には届かなそうです。

*記録は2018年9月16日時点のものです

なぜスタメン出場できない?

原口選手は代打でかなりの好成績を残していて、もっとスタメン出場の機会が増えてもいい気がします。

年齢的にも代打の切り札のみでの出場になるにはまだまだ早いと言えるでしょう。

ではなぜスタメン出場が少ないんでしょうか?

肩や腰の故障

原口選手は阪神入団後に腰のヘルニアや右肩脱臼などの故障がありました。

この故障は捕手としての出場が減る原因の1つです。

立ち座りを繰り返す捕手にとって、腰の故障は大きな負担になりますし、右肩の脱臼は送球面での不安要素になってしまいます。

現在はどちらも完治しているとは思いますが、試合で2塁送球が大きくそれることもありました。

キャッチングや肩

現在の阪神のスタメン捕手は、ほぼほぼ梅野選手が務めています。

梅野選手はキャッチングや肩の強さにかなりの定評があり、その面を原口選手と比べると梅野選手の起用が多くなってしまうようです。

両選手のプロ入りからのトータル盗塁阻止率を比べてみると

梅野選手の「.299」に対し、原口選手は「.233」です。(この記録は両選手のプロ入りから2017年までのものです)

また、キャッチングの面でも梅野選手は金本監督に「キーパー」と呼ばれることもあるほど、キャッチングが上手いです。

実際、梅野選手はプロ入り1年目に86試合出場で捕逸0を記録しています。

>>阪神・梅野隆太郎選手は強肩とキャッチングが魅力!プロフィールも!

捕手起用は守備力重視?

捕手として1番のライバルと言える梅野選手と原口選手を比べると

「守備力では梅野選手」

「打撃力では原口選手」

という状況です。

そして現在の起用法を見ても、捕手というポジションは守備面をみての起用がメインのようです。

また、梅野選手の他にも坂本選手や長坂選手、岡崎選手などのライバルもいます。

原口選手がスタメン捕手の座を奪うためには、このライバル選手達以上の守備力が必要なのかもしれませんね。

>>阪神・坂本誠志郎選手を矢野2軍監督は高く評価!しかし贔屓との声も・・・

まとめ

画像出典:球団公式インスタグラム

この記事では

  • 原口文仁選手のプロフィール
  • 原口選手の驚異的な代打成績
  • なぜ原口選手はスタメン出場できないのか?

などについて紹介してきました。

代打でここまでの成績を見せられるとスタメン出場も見たい気がしますが、代打もチームにとっては大事なポジションですからね。

今季は桧山選手の持つチーム記録の更新に期待です。

ありがとうございました!

-阪神タイガース, 選手プロフィール, 選手情報
-

Copyright© 阪神タイガースラボ , 2019 All Rights Reserved.