阪神・岩田稔選手は1型糖尿病と闘いながら活躍!プロフィール紹介!

投稿日:2018年8月30日 更新日:

阪神の岩田選手は「1型糖尿病」という病気でありながら、プロ野球選手として活躍しています。

この記事では「岩田選手のプロフィール」「1型糖尿病」などについて紹介していきます。

岩田稔選手のプロフィール

画像:球団公式インスタグラム

岩田稔選手の主なプロフィールは次の表の通りです。

生年月日1983年10月31日
身長・体重179cm・92kg
血液型
背番号21
ポジション投手
投球・打席左投げ左打ち
出身大阪府守口市
経歴大阪桐蔭高→関西大学
プロ入り2005年・希望入団枠

岩田選手は大阪桐蔭高校から関西大学に進学し、2005年のドラフトで希望枠で阪神に入団しました。

大阪桐蔭高校では1学年下に西岡剛選手がいます。

また、阪神では藤浪晋太郎選手、西田直斗選手も大阪桐蔭の出身の後輩です。

高校卒業後は社会人野球の道へ進む予定でした。

しかし1型糖尿病であることを理由に内定を取り消されたようです。(詳しくは下の「内定が取り消し」で紹介します)

その後、関西大学に進学し卒業後、阪神タイガースに契約金1億円・年俸1500万円で契約し入団しました。

藤浪晋太郎選手はイップス?不調の原因は?年俸や成績も!

藤浪晋太郎選手は、大阪桐蔭からドラフト1位で阪神に入団し、入団から3年連続二桁勝利をあげました。 しかし近年は不調に悩まされています。 その不調の原因の1つに「制球力」があげられます。 特に右打者に対 ...

続きを見る

顔はココリコ遠藤に似てる?

岩田選手はココリコ遠藤章造さんに似ていると、よく言われています。

確かにちょっと似てますね。

遠藤さんは大の阪神ファンですし岩田選手とはプライベートでも親交があるようです。

遠藤さんは岩田選手について

「稔、何かあった時には僕が影武者として行かなアカン。僕がピンチになったら助けてや」と言ってあるぐらいですから、常に気になる存在です。

と語っています。

また、遠藤さんは岩田選手の結婚式のビデオメッセージで「稔の兄です」と名乗り、今では岩田選手の奥さんや子供とも顔なじみのようです。

成績&年俸推移

岩田選手の1軍成績はこの表の通りです↓

年度試合勝ち負け奪三振防御率
2006年9.00
2007年5.40
2008年2710101013.28
2009年161032.68
2010年登板なし
2011年25131332.29
2012年25141073.52
2013年254.95
2014年221162.54
2015年27101193.22
2016年148.85
2017年10394.25

こちらが岩田選手の年俸推移です↓

2005年契約金1億円
2006年1500万円
2007年1500万円
2008年1400万円
2009年4000万円
2010年3800万円
2011年3000万円
2012年5500万円
2013年5800万円
2014年4600万円
2015年6000万円
2016年6800万円
2017年5300万円
2018年5000万円

以上が岩田選手の1軍成績と年俸推移でした。

岩田選手、二桁勝利の達成が1度しかないんですね。意外でした。

確かに援護に恵まれてないこともよくありました。

また、岩田選手の生涯年俸は契約金を含めると6億5000万円程です。

阪神・馬場皐輔選手は誠子(尼神インター)に激似?球種や特徴も!

馬場選手は2017年のドラフト1位で阪神に入団しました。 そんな馬場選手は尼神インターの誠子にちょっと似ているようです。 尼神インターの誠子はインスタに 「#せいこうすけ」 と2人の写真を並べて投稿し ...

続きを見る

岩田選手は1型糖尿病

画像:球団公式インスタグラム

岩田選手は「1型糖尿病」という病気です。

この「1型糖尿病」は不摂生などが原因でなる生活習慣病の「2型糖尿病」とは違います。

1型糖尿病とは?

糖尿病とは血糖値を下げる働きをする「インスリン」の分泌が低下する病気です。

生活習慣などが原因でなる「2型糖尿病」は「食べ過ぎ」「飲み過ぎ」などが原因でインスリンの分泌が低下します。

遺伝などもありますが、この「2型糖尿病」は太った人がなりやすかったりもします。

2型糖尿病を改善するには「食べ過ぎ」「飲み過ぎ」を抑え、生活習慣を見直す事でインスリンの分泌が回復します。

この2型糖尿病と岩田選手の持病である「1型糖尿病」は違います。

1型糖尿病はウイルスなど、なんらかの原因によって「インスリン」の分泌がほぼなくなってしまいます。

細胞が破壊されてしまうことで起こるので、2型糖尿病とは違い生活習慣を改善してもインスリンは分泌されません。

なので必ずインスリン注射が必要となり食事時や就寝前には注射をする必要があります。

主に0歳から17歳くらいまでに発症することが多く、以前は「小児糖尿」とも呼ばれていました。

痩せた子供が発症しやすいこともあるようです。

1型糖尿病は糖尿病患者のなかで約5%ほどしかいないので「贅沢病」「不摂生していただけ」などと勘違いされがちです。

しかし1型糖尿病は生活習慣などは全く関係ありません。

この記事を読んでくれている方は1型糖尿病は2型糖尿病とは原因が全く違うことを分かってあげて下さい。

高校2年の冬に発症

岩田選手は高校2年の冬に1型糖尿病を発症しました。

発症当時のことを知る医師によると

「もうちょっと、何もせんかったら意識がなくなって、生命にもかかわり得る状態でした」

と、危険な状態だったようです。

岩田選手は風邪かと思っていたようですが、病院に行くと即入院になったようです。

そして1型糖尿病とわかった岩田選手は「もう野球は出来ない」と絶望したそうです。

ただその時に担当した医師が「治療すれば野球を続けられる」と伝え、1型糖尿病の治療をしながら野球を続けてがんばってきました。

内定が取り消し

岩田選手は大阪桐蔭高校卒業前には地元大阪の大企業に内定をもらっていました。

しかし岩田選手が1型糖尿病と分かると内定取り消しにされたそうです。

この時のことを岩田選手は

「(監督に聞くところによれば)糖尿病はいらん、みたいな言い方をされたみたいですね」

「まじ、クソやな、この会社と」

「大学卒業するときは、絶対もっとエエとこ、就職したろうと思いましたね」

と語っています。

たしかに「まじ、クソやな」と思います。

この会社は大阪の大企業で社会人野球の強豪だそうです。

結果的には岩田選手は阪神に入団できたので、この大企業の事は十分に見返してやれたと思います。

1型糖尿病患者への慈善活動

岩田選手は1軍に定着した2012年から1勝につき10万円を糖尿病研究のために寄付しています。

また、年に2回1型糖尿病患者とその家族を甲子園に招待もしています。

シーズンオフには全国の1型糖尿病患者の集まりなどにも顔を出していて、このことについては

「まだ、限られたところしか行けてない。いちばん遠くて、仙台かな。まずは野球ですけど、引退した後も、全国、いろんなところを回ってみたい」

「1型の子どもたちが、どんな顔をして過ごしているか、すごく気になる」

「僕が訪ねることで、がらっと変わる子がいるかもしれないじゃないですか。少しでもいいから、1型の子どもたちの力になりたい。『適当にやっとっても大丈夫やで』ってことだけでも伝われば」

などと語っています。

このように岩田選手は1型糖尿病患者の為に慈善活動しながらがんばっています。

1型糖尿病だからプロになれた!

岩田選手は1型糖尿病になったことで、ここまでがんばってこれたと思っているようで

「1型になってなかったら、プロ野球の世界に入ってこれなかったんじゃないかな。内定を取り消されて、見返してやろうと思ったから、がんばれた。病気のおかげかなと思います。僕と1型は切っても切れない関係ですね」

と実際に語っています。

確かに内定を取り消しした大企業を見返そうと、がんばった所も多かったんだと思います。

1型糖尿病になって良かったとは言いませんが、それまで以上に力をくれた事には間違いなさそうです。

岩田選手にはこれからも1型糖尿病患者の「力になる」「目標になる」活躍を期待ですね。

まとめ

画像:球団公式インスタグラム

この記事では岩田選手のプロフィールや持病である1型糖尿病についてを紹介してきました。

1型糖尿病というハンデがありながら、プロの世界でがんばってこれた事は凄いと思います。

1型糖尿病は1日に何度も注射が必要です。

それ以外にも1日に何度も指に針を刺し血液を出して、血糖の測定をしなくてはいけません。

本当に大変な事は多いと思います。

ホント頭が下がります。

岩田選手にはこれからも自分自身の為、1型糖尿病患者の為にがんばってもらいましょう。

ありがとうございました!

能見篤史選手が中継ぎ配置で大活躍!登場曲は「刹那」能見ver

能見選手は阪神生え抜きのベテラン投手です。 今までは主に先発として活躍していました。 ただ近年は成績が下降気味で最近ではローテーションの合間での先発が多かったです。 しかし中継ぎに配置転換されると素晴 ...

続きを見る

-選手プロフィール, 選手情報
-

Copyright© 阪神タイガースラボ , 2019 All Rights Reserved.